箕面市みのお整体院の肩こり腰痛,美容,整体ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 喉の痛みの対処法

<<   作成日時 : 2017/05/26 09:48   >>

トラックバック 0 / コメント 0

首と喉を温める
ストールやマフラーを着用する。
温めることで菌の繁殖を防ぎ喉の腫れや痛みを緩和してくれます。

◆ 塩水でうがいをする
ぬるま湯に塩を小さじ半分入れてうがいをする事で
刺激の原因となるものを粘膜から洗い流してくれるので
喉の炎症が緩和されていきます。
また、緑茶や紅茶でうがいをするのも効果的です。

◆ のど飴をなめる
のど飴には普通の飴と違って、喉の炎症を抑える成分が入っていたり、保湿効果もあります。
外出中に喉の痛みを感じたならば、のど飴を買ってなめることをおすすめします。

◆ マスクを装着する
外出中ならば、外は常に乾燥していて保湿のしようがありません。
そんなときはマスクを着用して、喉の部分だけでも保湿するようにするといいでしょう。
自分の吐く息で保湿することができ、喉の痛みを和らげることができます。
もちろん、室内でもマスクをすることも効果的です。
濡れマスクなど、水分が多いマスクを使うとさらに効果があるでしょう。

◆ 部屋を保湿する
室内ではしっかりと部屋を保湿するようにしましょう。
加湿器などを使ってもいいし、なければストーブやコンロの上にやかんなどを置いて、湿度をあげるようにしましょう。

◆ 枕元にタマネギを置いて寝る
たまねぎの皮を剥いて半分に切って、枕元に一晩中置いておきましょう。
タマネギに含まれる「硫化アリル」には、
咳を止めたり気持ちを穏やかにする働きがあって安眠に絶大な効果があるんです。

◆ 喉の痛みに効く食べ物を食べる
大根には消炎作用が有ります。喉の腫れを和らげてくれます。
特にその汁に効果があり、大根はおろすと硫黄成分が多くなり咳に効きます。

はちみつ
はちみつには喉の炎症を抑える効果があります。
のど飴なんかははちみつが入っている事が多いです。
はちみつには、過酸化水素という抗菌物質があり、これが強力な殺菌効果を持っています。

生姜
生姜は、漢方では「温剤」と呼ばれ、吐き気を止めたり、消化を助ける作用もあるそうです。喉の痛みとともに、吐き気や食欲不振にも効果があるそうです。

柚子 梨、レンコン、春菊、しそ、キンカン、みかんの皮、ゆず、パイナップル、マシュマロ

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

喉の痛みの対処法 箕面市みのお整体院の肩こり腰痛,美容,整体ブログ /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる