箕面市みのお整体院の肩こり腰痛,美容,整体ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 口内炎の7つの原因

<<   作成日時 : 2016/05/15 05:42   >>

トラックバック 0 / コメント 0


画像
ぬあんて微笑ましい光景♪

写真と本文は、ほのぼのとかんけいございません

今回は「 口内炎の7つの原因 」

口内炎とは、口腔内にできる炎症の総称ですが
      (こうくうない)
原因には様々な要因が関係しています

口内炎の主な原因は、以下のことがあげられます

1 口の中を傷付けてしまう
2 胃腸障害
3 健康不良
4 ストレス
5 口の中の環境
6 アレルギー
7 病気の治療

お時間のある方はお読み下さい
写真を見るだけでもオススメです(笑)
画像1 口の中を傷つけてしまうという原因は、口内炎になったことがある人が最も経験のある原因だと思います

飲食中に、誤って頬の内側を噛んでしまったり、歯磨き時のブラッシングや、硬い物を食べたときなどに誤って傷を付け、その傷が悪化してそのまま口内炎になってしまうことがあります

また、熱い物を口に入れて火傷をしたり、噛み合せや入れ歯が悪く、口の中の粘膜を傷付けることもありますし
口の中が乾燥していると、粘膜に傷が付きやすいといわれています
口は、内臓の入り口であり、消化器の一部でもあります

2 胃腸障害で胃腸の粘膜が荒れていると、口の中の粘膜にも影響が出るといわれています

 仕事や病気などで疲労がたまり体力が低下する、不規則な生活や栄養バランスが悪い食事が続くなどで、不健康な状態になると、口内炎ができやすくなります

 また、ストレスを感じる生活は、口内炎を誘発するといわれています

 口の中には、数百種類の雑菌が存在するといわれています
唾液の分泌が少なかったり、歯磨きやうがいが長時間できず、口の中が不潔な状態になってしまうと、菌が繁殖しやすくなり、口内炎を発症しやすくすると共に、症状を長引かせてしまいます

 特定の食べ物や薬、歯磨きの成分によってアレルギーが起こり、口内炎になる場合

 白血病などのガンや他の疾患の治療の副作用のために、口内炎ができてしまう場合などもあります
タバコを吸う人は、ニコチンが原因になることもあります

また、ウィルス性口内炎や、カンジダ性口内炎は名称通り、ウィルスの感染やカビの一種であるカンジダが原因とされています

これらの他にも、貧血や鉄分不足などの血液疾患や
ベーチェット病、手足口病などの疾患が原因で
口内炎が発症することもあります

口内炎の原因が何であるかは
見た目では判断できないことがあります

時には、重大な病気が隠れていることもあります

口内炎が長期間続いたり
繰り返し発症する場合は、病院で診察を受けてください


以上、少しでも参考になりますように




「 みのお整体院のお知らせ 」

・ご予約お問い合わせTEL  072−749−3318
平日9時〜21時で施術しています(最終受付は20時です)
土日祝日も施術しています。
水曜日が定休日ですが、祝日の場合は施術しています(最終受付は19時です)

・時間外TEL  090−3929−6962

☆ ご予約お問い合わせのメールフォーム ☆
↑↑↑
メールでの受付は24時間お受け致しておりますが
ご予約の日時の前日までにお願い致します。
お返事は12時間以内にさせて頂きます。

→詳しくは「 みのお整体院 」ホームページをどうぞ←

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

口内炎の7つの原因 箕面市みのお整体院の肩こり腰痛,美容,整体ブログ /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる