箕面市みのお整体院の肩こり腰痛,美容,整体ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 体の雑学

<<   作成日時 : 2012/07/01 04:53   >>

トラックバック 0 / コメント 0


画像
みんな毛玉に見えます♪

写真と本文は、ゴッソリ関係ございません

今回は体の雑学
(過去記事の再編集です)

人類の進化によって
今は使われなくなった
または、なくなっていった器官を紹介します

話の内容的には
まったく役に立たないので
(へぇ〜くらいにはなります)
いつも以上に、写真だけを観るのがオススメです(笑)

ご興味ある方は、本文とあわせてどうぞ〜

では、まずは〜

1 鋤鼻器(じょびき)
(鼻の奥に在ります)
画像
   現在は機能していない嗅覚器官で
  昔はこれでフェロモンを受容していたのではないかと
  考えられている痕跡器官です

2 動耳筋(どうじきん)
画像
  ネコちゃんやワンちゃんのように
  耳を動かす筋肉ですが
  人間以外の哺乳類は使えます
  (私も使えます(真))

3 親知らず
画像

  昔の人々はカロリーを摂取するために
  植物の咀嚼(そしゃく)をする必要があり
  いちばん奥の臼歯として役立っていました
  現在では健康に生えそろう人は5%しかいないとのことです

4 頚肋骨(けいろっこつ)
  (首の骨にある肋骨)
  爬虫類時代からの名残と言われる器官で
  1%未満の人にあり
  神経や動脈に支障をきたすこともあります

5 ダーウィン結節
(進化論のダーウィンにちなんで付けられました)
画像

  耳の折れ曲がった部分の
  ぽちっと厚くなったところで
  遠くからの音声を聞くために
  大きな形をしていたものが退化した名残だそうです
 

6 立毛筋
  動物が体温の保持や敵への
  威嚇のために毛を逆立てる筋肉で
  人間の場合は鳥肌がこれにあたります
  (関西では、さぶいぼと言います)

7 13番目の肋骨
画像
  チンパンジーやゴリラには肋骨が13本あり
  現代人のほとんどは12本ですが
  8%の成人は13本あるそうです

8 錐体筋(すいたいきん)
  人類の20%には、この錐体筋と呼ばれる
  (いわゆる腹筋と足の付け根あたりです)
  恥骨上縁に付着する袋のような形の筋肉がありませんが
  これは有袋動物の名残かもしれないと言われています

9 尾てい骨
画像
  ほとんどの哺乳類が
  バランスをとる機能として尻尾を持ちますが
  その名残が椎骨と融合したとされています
  二本足歩行が可能になる段階でその役目を終えたようです
  (まれにシッポありの人が居ます(真))



以上9つの、役に立たないことでした(笑)


暇つぶしと

話のネタ程度になっていれば幸いです





少しでも楽しんで頂けていますように〜♪



当サイトは整体院のブログですが
動物の写真と動画がメインで
健康記事はタマにしかありません(笑)

また、体の事は勿論
それ以外の色々な事のご相談は無料です
ブログ内のメールフォームをお使い下さい

当サイトはリンクフリーです
また、各記事のご紹介や転載もご自由にどうぞ
(運動などは自己責任で!)
特別ご連絡はなくてもいいですが
お知らせ頂くと嬉しいです

相互リンクをして下さる方
ご相談、メッセージを下さる方も
⇒コチラのメールフォームをご利用下さいませ

「 みのお整体院のお知らせ 」

・ご予約お問い合わせTEL  072−749−3318
平日9時〜21時で施術しています(最終受付は20時です)
土日祝日も施術しています。
水曜日が定休日ですが、祝日の場合は施術しています(最終受付は19時です)

・時間外TEL  090−3929−6962

☆ ご予約お問い合わせのメールフォーム ☆
↑↑↑
メールは24時間お受け致しておりますが
ご予約の日時の前日までにお願い致します。
お返事は12時間以内にさせて頂きます。

⇒詳しくはコチラの「 みのお整体院 」ホームページをどうぞ


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

体の雑学 箕面市みのお整体院の肩こり腰痛,美容,整体ブログ /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる